2015年06月27日

ホビーショー

>ガネさん
移動距離200km以内なら車のほうが楽かもしれないです。移動中に寝たりは出来ませんがw
荷物が多い時は十分ありだと思います。

今年はホビーショーに行くことにした(雑

マルイ
今年の目玉はAA-12と完全リテイク中のガスブロM4。
撃って遊ぶが信条のマルイらしく主だった殆どの銃が空撃ちできるように展示してありました。

M4
新型ブローバックエンジンを搭載とのこで、KSCのAK-74を更に強烈にしたような撃ち味。
私的には懸念対象だった改MP7ブローバックエンジンは未採用になり、重量のあるボルトがバキンバキン言いながら作動する樣は圧巻。
金属パーツを相当奢ったようで、鋭いリコイルと金属音が気持ちいい。
レシーバーも当然金属。塗装は以前からアナウンスされていた「セラコート」という最近の実銃と同じ塗装方法。
実は製品説明の対応にあたっていたのはマルイ社長。開発が遅れている理由などなど開発秘話を惜しげも無く話していました。

AA-12
エクスペンダブルズでの活躍が印象的だったフルオートショットガン。
新型メカボックス、新型チャンバー、電子トリガーを引っさげての堂々登場。
サプライズ発表もいいとこの本当に久々の完全新規製品。
3バレル方式でそれぞれに調整可能なホップチャンバーを搭載。散布界が調整できる模様。
発射は出来ないものの触らせてもらいました。ポリマーフレームなだけに軽い!
3000発ドラムマガジンも開発中とか。これはゲームウェポンの革命ワンチャンあるで・・・

他にも新型M9A1の仕様を盛り込んだM9(フレームにレール無し)や、シングルガバ系の改良点を盛り込んだハイキャパなど見所満点でした。

D61_3129.jpg
たまにはチャンネーw

バンダイ
HGUCの新シリーズが今回の目玉かな。リアルグレードの可動域を維持しつつパーツ点数を抑える組みやすいキットになる様子。
新製品ではよく見るようになった超薄型のくさび形アンダーゲートが採用されてますますゲート処理が楽に。

D61_3132.jpg
まさかのGP-04。GFFではガーベラ・テトラとのコンパチキット化されていましたね。
曲面の多い印象ですが、GP-01〜03とデザイン上のすり合わせをしたようなスタイルになっています。カッコいい。

D61_3145.jpg
ZZ仕様のズサがプレバン限定で堂々ラインナップ。ガンダムUCVer.のカラバリと見せかけてちゃんと上腕部が初期型になっています。
ブースターポッドは取り外し可。変形も当然可能。

ハセガワ
最近元気なハセガワ。今年はマクロス関係が目立っていました。
今年の新製品はVF-1系とRVF-25。そしてマクロス。
が、むしろ既存製品の展示が見どころ多しw

D61_3158.jpg
VF-11B サンダーボルト。私と鋼さん大歓喜。

D61_3157.jpg
スーパーサンダーボルト。実にカッコいい。

D61_3159.jpg
YF-19。初めてキット化された当時は航空機的な解釈から寸胴な機首だったのが、現在のキットではより設定画寄りのスタイルに。

私的にはハセガワの最大の目玉・・というか艦船プラモ史上の一大事件として語り継いでも良いレベルのサプライズ。
D61_3149.jpg
実に40年ぶり完全新規金型の天龍、龍田。
艦これがなかったら絶対に新規製作はなかっただろうな・・・甲板のリノリウム貼り方向まで異なるこだわりの逸品。
ハセガワありがとう。

お腹が空いたので近くのココイチでカレーを喰べた後、今度は個人ブースへ。相変わらず見どころが多すぎるw

D61_3180.jpg
個人開催のジェスタコンペに出品されていたジェスタスナイパー。
ガンプラのニーリングはなぜか準備体操みたいなポーズが多いなかの完璧なニーリング。とてもカッコいい。

D61_3167.jpg
ザクレロ骨格標本。こういうの大好きw

D61_3169.jpg
ハングドマン。戦車のようなウェザリングがとてもいい。むせる。

D61_3181.jpg
連装砲=サン パーツ取りの関係からかなりコストがかかっている模様w

D61_3177.jpg
ネオ・北上さまだよー。

今年の個人ブースはミキシングビルドが多かった印象。オリジナルも多数出品されていて、作者といろいろ話せたのが楽しかったです(小並

会場を出た後、赤春堂(掘り出し物満載のおもちゃ屋)寄ったり、10年以上ぶりのバーガーキングに行ったり、BBやったりして帰宅。
色々発売日が楽しみなのです。
posted by サトスn at 17:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、コンパニオンさんも撮られておる・・・
(どこの国装備というくくりでなく、ラフ目なのが逆に好印象)

AA12は社外品でレールアダプターとかが絶対出ると思うので
銃全体にライラクスの迷彩プリント塗装を施し、
ロバートロドリゲス監督(代表作:デスペラード)の
「プレデターズ」ごっこも可能になるかと思います
(3000連マガジンでエクスペンダブルズごっこが
最優先)ズサやマクロス勢、新規金型生産の艦船といった
「違いの分かる」目線リポートが何とも素晴らしい・・・

ニーリングが映画の射手レベルの綺麗なポージング、
博物館の展示手法をザクレロと鉄道模型を掛け合わせて
完成させる見せ方も、こうして見せて貰えるのがうれしい限りです

なんと、2013静岡ホビーショーでも立ち寄ったあの玩具店に
再来店とは!本当に希少なアイテムが豊富で時間がたつのを
忘れてしまう店舗内でした(2013回想)
Posted by GaNeiSiA at 2015年06月28日 10:55
ホビーショー近くて羨ましいデス

RE/100は変な(褒め言葉)ラインナップ続きで、次が気になるところですね。
mk-IIIやディジェの細身過ぎるアレンジは、どうにかならんかったのかと思いますが。

ズサはてっきり一般と思ってましたわ。ネモやドーベンウルフ、ドライセンの流れから。
この分だとガルスJ/KやRジャジャも望み薄になりそうで心配です。

サンダーボルト、私も好きなVFです。ヤラレメカにしておくには勿体無い格好良さ。
7当時は金龍隊長のアーマードに痺れた記憶がw
Posted by lapulapu at 2015年06月30日 07:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。