2015年05月31日

陸に怪獣モロボシミカサ

ギュイーンギュイーンギュイーンギュイーン(謎SE
怪獣酒場が閉店するという知らせを聞いていて、かねてより銀さんと行ってみたいねぇと話していた。
が、それだけの為に行くにしてはあまりにも遠い。
てつを=サンの時は観艦式もあったので問題なかったが・・・。
そして数週間が過ぎた頃、銀さんから連絡。「どうだい?」
銀さんは本気であった。

1 昼飯 幸庵
後で調べたら客単価7000円の高級焼肉、ステーキのお店でびっくり。ランチはお手ごろ。
そういやランチメニューでも6000弱のセットがあったしなぁ・・どんなのが出てくるやら。
D61_2824.jpg
注文した牛すじカレーは上品な味で美味しゅうございました。
最近こういった容器に入って出てくるカレーをあまり見ないなw

2 神奈川県立歴史資料博物館
D61_2827.jpg
特別展「陸に上がった海軍」
太平洋戦争末期の連合艦隊司令部の特別展。現在でも遺構が残っているという。
当時の海軍ゆかりの品々が興味深い。

博物館のほうも観覧。愛知県博物館と同じような内容で、あれこれ言いながら見て回るのは楽しい。

3 怪獣酒場
怪獣酒場は川崎にある。カワサキだよー!
D61_2830.jpg
D61_2897.jpg
D61_2901.jpg
来たぞ我らの怪獣酒場!
昭和ウルトラマン好きな私と銀さんはテンション爆上がり。

D61_2832.jpg
こういったコンセプト酒場やバーは撮影不許可のところも多いと聞くが、ここはOK。むしろ推奨の体。

D61_2835.jpg
テーブルや壁にも縁の品々が並んでいる。往年のファンにはたまらない。
すでにウルトラマンに発見されて閉店準備中という、代わりにウルトラ兄弟(今回は帰ってきたウルトラマン)が巡回していた。

D61_2837.jpg
撮った感じはスチル写真のそれ。当然ウルトラブレスレットも着用。

そして特筆すべきは味。何れも本気の料理でお酒が飲めない人でも満足できる仕上がり。

D61_2844.jpg
出現!宇宙竜ナース 迫力のトルネードソーセージを「ワイルド」にいただく。
頭と尻尾を合体させて超短いナースをお持ち帰りした。現在は部屋の賽銭箱に鎮座している。

D61_2855.jpg
グドンのオススメ!ツインテールフライ。一人一匹ずつ注文。全員グドンw
実は中身はエビ二匹+ベーコン。味に妥協なし。そしてつぶらな瞳の頭はかぼちゃサラダw

D61_2858.jpg
D61_2861.jpg
バルタン星人のおもてなし。容器が素敵すぎるカニピラフ。
ちゃんとハサミを盛りつけて意外と原材料高めな逸品。カニミソ風味。

D61_2865.jpg
【人工生命】M1号のおすすめ!特濃ソースの黒焼きそば
鋼さんより少量いただいた。もちもちした太麺の鉄板焼きそば。

D61_2868.jpg
純米酒「純米総攻撃 」ニューボトルで登場。なみなみ注がれる日本酒。馬刺しが進む。

D61_2871.jpg
純米大吟醸酒「地球侵略」こちらもニューボトルで。こちらは吟醸酒。

D61_2882.jpg
ジャミラの想い ティラミスのセミフレッド〜アフォガード〜
個人的にツボったデザート。コンセプトメニューここに極まれり。
ココアパウダーの上にアイスを載せて熱々のエスプレッソをぶっかける。
それにチーズケーキを絡めて食べるという美味いのはわかるけどシャレオツなカフェでは絶対にできない組み合わせ。
D61_2884.jpg
お前の想い・・・受け取ったぜ!!
D61_2890.jpg
トドカナカッタ・・・ ※星条旗のみ無傷なのがポイント

見た目が普通だった&久々の旨い酒+テンション↑で写真を取るのを忘れていたが馬刺しが美味い。
日本酒もうまい。超幸せ。

大阪のもぜひ行こう。行きやすいし。
そして早々に川崎の方も帰ってきたみたいですな。

4 カプセルホテル
時間が少しだけ余裕があったのでちょっとボダる。
ワンダーランドウォーズのチュートリアルをやる。ワンダーラーン
両手に剣持ってトテトテ走るサンドリヨンかわいい。
後、少し歩いて川崎ビッグにて一泊。

5 ジョリーシャポー
二日目の行き先はあれこれ悩んだ末、今回はウルトラマン回収ということでジョリーシャポーへ。
ファンにはお馴染みの森次晃嗣氏のお店。

D61_2914.jpg
バス乗り場で迷いつつ到着。見た感じは住宅地にあるおしゃれなカフェ。
入ると女性店員が数名。てつを=サンのときみたくそうそううまくいくもんじゃないよね。

D61_2903.jpg
注文はダンのハヤシライス。注文して辺りを見回すとウルトラセブングッズがたくさんある。

しばらくすると食事を終えた家族連れが記念撮影(有料)をする様子。
店員さんが準備を始め、キッチンからやってきたその人は・・・

モロボシダン「ああ、記念撮影ね、いいですよー。ちょっとまってね」

アイエエエエエ!!ダン!ダンナンデ!?

キッチンに立っていたのはモロボシダンこと森次晃嗣氏その人!
「ほら!いい顔しろーw」などとにこやかに写真撮影をしていた。ので我々も撮ってもらう事に。
この写真は私の部屋に飾ってあるが、私の笑顔はしろがねに「戦え」と命令されたパンタローネのようだったという・・。
銀さんは直筆サインを注文(こちらも有料)していたが、ありがちな書き溜めていたものではなく、その都度書いている模様。なんて豪華な。

D61_2907.jpg
しっかりデザートまで食べて店を出る。
よし、次だ。

6 三笠
この後の足取りについては完全に決まっていなかった。帰りのことを思うとこのまま秋葉原へ行ってもよかったし、横浜あたりで遊んでいてもよかった。
が、せっかく神奈川の南側に来たということで半ば強引に横須賀の記念館「三笠」を観に行くことに。
ここは米空母が常駐する軍港でもあるためいずれゆっくりと来たいところでもある。

D61_2975.jpg
敷島型戦艦3番艦「三笠」
今は無き英国ビッカース社製の戦艦。10数年後には同社から「金剛」が建造されたため年の離れた姉とも言えるか。

D61_2984.jpg
一時は連合艦隊旗艦を務め、数々の戦闘を勝利に導いた帝国海軍屈指の武勲艦でもある。
ワシントン軍縮条約によって廃艦が決定された後、軍船としての機能を喪失させることを条件に記念館として保存。

D61_2922.jpg
儀装の多くは後に復元されたものが多いが、甲板のチーク材や調度品の一部は当時のものが残されている。

D61_2954.jpg
操舵室。後に司令塔に進化していく部位。分厚い装甲に守られていて入るのに人一人分の隙間しか無い。

D61_2943.jpg
D61_2944.jpg
艦橋の上から。円形の台座が外からわかる特徴的な砲塔。

D61_2962.jpg
D61_2964.jpg
船室は資料館になっているので数々の展示品を見ることができる。

D61_2956.jpg
D61_2955.jpg
D61_2958.jpg
どうやらイベントで「艦隊コレクション」(これくしょんに非ず)をやっている模様で、日本の新旧艦艇の模型が大量に展示されていた。
学生や女子も多数いたが、明らかに「Hey提督!」もいる模様・・・DMMって確かR-18だったよな・・・?

D61_2940.jpg
主砲の30cm砲塔もダミーだがその大きさは本物。どこかで46cm砲塔の原寸大模型を作ってくれないものだろうか・・超でかいけどw

D61_2924.jpg
側砲の内側。15.2cmでこれである。

D61_2967.jpg
D61_2968.jpg
外から見るとこんな感じ。
側砲が戦闘において重要な位置を占めていた前ド級時代の特徴的な外観。

D61_2947.jpg
帆船の趣を残す特徴的なマスト

7 帰路
帰りは夕暮れに染まる横須賀港を眺めつつ徒歩で駅まで向かう。
海外派遣が決定している「いなづま」や退役が進んでいる「おやしお型」などが停泊していた。
この後列車で新横浜まで向かい、新幹線に乗って名古屋へ。
夕飯は駅で買った崎陽軒のシウマイ弁当。横浜在住当時もよく買って食べていたが鉄板である。安い。そしてうまい。
ジェットではないよ。あれはもうないよw


結果的に割とまっとうな観光旅行になりまんた。
まあ、我々の神戸旅行がアレという話もなくもなくなくなく。。
posted by サトスn at 01:32| Comment(2) | TrackBack(0) | モロボシ・ダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日曜日少し観てから出撃しましたが、物撮り、戦艦のアングル
が引き込まれる感じで好きです。「さかみ」文字プレート、
夕方で日照が落ちゆくドラマチック主砲、側砲に見入ったり、
食事皿のピントが「これ、すごくいい」と思ったりして見てました(五郎的感動)
Posted by GaNeiSiA at 2015年06月03日 12:29
スモィ本気レポートや・・・
しかしまぁ閉店詐欺(褒め言葉)だったから、また行かんとねw
Posted by 銀 at 2015年06月04日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。