2021年08月06日

モーゼル M712

独モーゼル社C96の改良型。型名は米代理店ストーガー社による。別名シュネルフォイヤー(連射)。
1931年、C96をベースに連射型M713ライエンフォイヤー(速射)を開発したが、射撃中に動いてしまうセレクター等の問題があったため、翌年1932年に改良(押しボタンを追加)したモデルである。
よくモーゼル・ミリタリーと混同されがちだが、こちらは単射のみで使用弾薬も9mmパラベラム弾と異なる。よってセレクターはなく、グリップに赤で「9」と書いてある点が外見上の相違点になる。

さて、我らがマルシン工業はM712のガスブローバックモデル、樹脂モデルガン、金属モデルガンをラインナップしており、今回は久々に再販されたABSの組み立てモデルガンを購入した。
組み立てモデルはほぼ型出しの状態で箱に入っているため外観はバリだらけの状態だが、金属パーツは思ったよりひどい状態ではなかった。
モーゼル社公認モデルということもあり、内部の機構は実銃のそれをよく再現している、らしい。組み立ては実銃同様グリップ以外はねじを使用しておらず、全て部品の組み合わせで組み立てられる。
モデルガンとしての発火方式はプラグファイア(サイドファイア)で、発火時にファイアリングピンは直接薬莢を叩くのではなくボルトの後端を叩き、その勢いで薬莢が前進、銃口側にあるデトネータに接触、発火といったプロセスを経る。
素組み状態でまともに動かないのは織り込み済みなので、ボルト周辺を中心にあらゆる箇所を磨き込み、最低限ボルトがスムーズに動くように調整を行い、試射。当然のようにジャム。
エキストラクターが殆ど動いていないようなので、エキストラクターをわずかに外側へ曲げ、ボルト側を削り、動き代を大きく取ったところ薬莢をしっかり掴むようになった。
使用火薬はマルシン7mmキャップ。純正の物推奨とあるがこれが曲者で、もともとリボルバー用に作られた火花多めの火薬であることもあり自動拳銃を動かすにはパワー不足になりがちなのであった。そこで非推奨ではあるもののMGC7mmキャップ(通称黄箱)を使用する。こちらは自動拳銃用と書いてあるとおり、火花が殆ど出ない代わりに自動拳銃の動作に必要な燃焼ガスが多く発生するように配合されている。なお、マルシン、MGCともに製造メーカーは同じ(カネコ)で、火薬量自体はどちらも法規の規定分量である0.01gである。
マルシンキャップではボルトの後退力が不足気味でジャムることが多かったが、MGCキャップではしっかり後退し、とんでもなく元気に薬莢が排出される。自動拳銃黎明期の銃であるためエジェクタなどという気の利いた機構など望むべくもなく、薬莢はほぼ真上に跳ね上がり、結果そのまま頭に直撃したりする。結構熱い。
発射音はガスブロのそれより甲高く、パーティー用のクラッカーを作動させたときのそれとほぼ同じである。ちなみにクラッカーのトップシェアもカネコである。
音圧はそれほど高くないため、箱の中など密閉した空間で発火すると破裂音をほぼ無くすことができる。

さて、このモデルを語る上で切っても切れない暴発とジャム。暴発については慣性撃発を行う以上宿命的で、撃発感度をどこまで調整するかが肝となるのだが、デトネータの削り込みが必須なため躊躇するところである。
セレクターをRにすることで連射が可能だが、もともと暴発気味なのでこちらは割と快調に撃ち切れてくれる。
ジャムについては様々な原因があるが、その一つとしてマガジンのばねが強すぎる点があり、最大まで詰め込むとボルト動作に影響するため排莢不良が起こりがちになる。こちらはばねカットで対応できるかもしれない。

上記の通り何かと気難しいモデルではあるものの、今回は仕組みが知りたかったこともありある程度不調であっても満足感があった。ネット等の評判の割にはしっかり動いてくれる印象で悪くない。完成品モデルであってもこんなもんだといった評判も聞かれるので調整はそこそこに仕組みを楽しむモデルとして楽しもうと思う。


posted by サトスn at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

M4 MWS

M4 MWSをレビューしてみることにする。

長かった開発期間を経てようやく完成したマルイZシステムを搭載したガスブロM4。
かつてはWAやタニオ・コバがガスブロ化してはいたが、実用性とは程遠いものだった・・・らしい。
長物ガスブロは日本の法規に適合させるのが厳しいので実射性能と動作を両立するのが難しいのであった。が、KSCがシステム7IIを搭載した実用的な長物ガスブロを出すに至り、マルイもようやく重い腰を上げた・・・というのが大筋の流れ。
その第一弾として発売されたのが、M4 MWSなのであった。

モデルとしてはSOPMOD以前のM4近代化過渡期のM4E2(Moduler Weapon System搭載のM4。廃盤)と思われる。
アウターバレルはM4標準の14.5in。フロントサイトは旧来通りのデルタポスト。リアサイトはレール脱着式の可倒式ピープサイト(キャリーハンドルタイプではない)。RASはハンドガードタイプ+トップレール。表面仕上は実銃にも使用実績のあるセラコート(ただしM4そのものはハードアノダイズド処理)。ストックはリトラクタブルタイプで、バッファーチューブが実銃と同寸法のため、ストックを外して他のものをつけることも可能。グリップはモーターがない分スマートで手が小さくても握りやすい。

作動面を見てみよう。
チャージングハンドルはボルトと連動してフルストロークで引ける。連動してダストカバーも開く。セレクターはコッキング時のみセーフに入る実銃と同じ仕様。セミ・フルは当然ライブ。動作はスイッチを兼ねた電動のものよりもかっちりしている。ボルトがホールドオープンした際に起き上がるボルトリリースレバーは手のひらでポンと叩くとストップが解除されてボルトが前進する。ボルトフォアードアシストノブは内部でちゃんとボルトと噛み合うようにできているらしく、むやみに押すと不具合のもとになる模様。ここはダミーでも良かったのでは??
トリガーはシアの落ちる手応えがつかみやすくスパッと落ちる。ディスコネクタの解除される手応えもはっきりしていてセミでの連射がしやすい。
マガジンはいつもの亜鉛ダイキャストで結構ずっしりしている。装弾数は35(実銃はショート20ロング30)。一部加工が甘い個体があるのかマグキャッチのかかりが浅くポロリするものがあったため削って対処した。

買ったモデルはいわゆるセカンドロットで、ファーストロットでは初速がアレな個体があったためかパワーがかなり抑えめになっている。その分動作は元気である(負圧式はロケットバルブの前後位置とばねのテンションで圧力差をコントロールしていて、作動性と初速はトレードオフの関係にある)。とはいえ長物の初速がハンドガン並みの70m/s程度というのも寂しいので、ガスルート周りの部品をカスタム品と入れ替えて初弾初速90m/s程度とした。
インナーバレルは10.5in用のが使われているようなのでロングバレル化してもいいかもしれない。発射時の金属感がすごいKSCとは対象的に落ち着いた作動音は好みが分かれそう。グルーピングは8mで5センチ円位にはまとまる。反動はしっかりガツンとくるためセミ・フルともに撃ってて楽しい。燃費は1.5〜2マガくらい。フルだと後半サイクルと初速が落ちていくがしっかり撃ち切れる。このへんは隔世の感がある。

総じてプレイバリューと性能のバランスの取れた良モデルという印象。初速については好みが分かれるが、ゲーム的には少々心もとないので要カスタムと考える。
初速の問題さえクリアされればレスポンスは圧倒的なのでセミオンリーのインドア戦なら電動ガンともいい勝負ができそう。
後に出たMk18mod1が強気過ぎる値段(7万強)だったため、結果こちらで良かったかな。気軽にゲームに持ち出してガンガン使える。
後発の89式も気になるが、果たして・・・?
posted by サトスn at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

オート9

唐突にKSCの超ロングセラーオート9がHWで再販してたのでつい買ってしまったのでテキストベースでレビューしてみよう。

まず、KSCの93Rは現在2系統の製品ラインナップがあって、オート9はいわゆる93R C「セカンドバージョン」がベースになっている。この系統はMGC時代からの旧システムのままの代わりに比較的安価となっている。が、KSCは何を思ったのか突然去年オート9のHW化を行ったのだった。ちなみに新バージョンは93RII(SYSTEM7)なる商品名となっている。

では改めて仕様を見てみよう。
オート9の外装部分はABS。グリップが異常に太いのはロボ仕様のため。この外装部分はフィールドストリッピングの際に取らないといけないのだが、本来フォアグリップの取り付いている穴にピンで止まっているだけなのでこいつを叩き出すとするりと抜ける。
外装部分を外してしまえばフロントサイトがなくグリップが太い93Rなので普通に通常分解まで持っていける。
スライドは前述の通りフロントサイトがない(外装部分に噛み合うようになっている)ほか、リアサイトもそれらしいものがついている。が、ねじを外すと中から本来のリアサイトがコンニチワする。
スライドとフレームはいつものKSCのHWでずっしりしていてひんやりした手触りが心地よい。HWでありがちな箱出し状態での動きの渋さも感じない。
バーストについては、ABSのオート9同様通常状態ではセミ・フルの2種類のみ(セレクターも中間位置で止まらないようになっている)。セフティはライブ。動作方式は実銃同様シングルアクションのみ。ハンマースパーも通常と同様。このへんは映画ではどうだったかな・・・?
あと、スライドにはベレッタの刻印が入っている。確かABS版にはなかったはず。今はあるのかな?
別売部品として3点バースト機構のパーツあって、当然ながら購入、組み込みを行った。
よくKSCの93Rのグリップは「外すな」と言われるが、理由がわかった。ばねの配置が絶妙で、多分開けた瞬間に弾けるので不用意に開けると部品が無くなるんだね・・・。なんにせよ機構を知るいい機会になった。飛びそうなばねに苦戦しつつ組み込み完了。
あと、グリップをあんまりきつく締めるとマガジンがうまく入らなくなるので微調整必須。セレクターのネジの増し締めも必須。
マガジンは旧タイプなので見た目は良い(新型との互換性はない)。ダイキャストではないので冷えに若干弱い。オート9仕様のマガジンは結構貴重なので気長に探すとしよう。

さて、一通り組み込みも終わったので撃ってみる。
旧システムのため新バージョンのようなキレの良いブローバックではないもののガツガツ動いてくれる。このへんは旧システムの素性の良さが伺える。バーストで例えると、新が「ダララン」だとすると旧は「ダンダンダン」って感じ。
8mのレンジで撃った限りでは、サイトが高すぎて弾着がずれる点を除けばグルーピングも悪くない。バレルが長いおかげか初速は75前後でまずまず。あと、HWの恩恵なのか反動がけっこうある。発射間隔が絶妙にあるおかげでバースト/フルのマズルジャンプが楽しい。フルで1マガジン打ち切ってもなんとか息切れせずに撃ち切れてくれる。真夏が楽しみ。

とまあ、つらつら書いてみたけども改めて新バージョンも欲しくなるな。こちらは再販して売り切れたばかりなので気長に待つとしよう。
マルイからM9系の最新バージョンが出たら買ってしまうかもしれない。サムライエッジからスピンオフしてくれないかな・・・。
posted by サトスn at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

最近の思ヒデ。


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       Q:ノンケキューズ ミー!

       A:ノー アイム ホモ。

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



センデン、殺すべし。

随分とブログ更新に間が空いたもんだ。ネタはあった筈なんだがね?
ほら、少し振り返ってみれば最近の豊かな思い出の数々が・・・・

東京に観艦式ィ・・・・
D61_2901.jpg
2.JPG
3.JPG

東京に出張ぅ・・・・
1.JPG
7.JPG

東京にLOVゥ・・・・
5.JPG
6.JPG



飯ばっかじゃねぇか。
というか、何度東京行きゃいいんだ我が人生。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



飯だらけの人生に呆然とすることしばし、銀さん&KIRさん方からゲロベルクMAPの
ユニオン戦のお誘いがあったので参戦してきましたハイ。
今回の使用アセンはがこちら。

11.JPG
※特殊装備がハイドラだがTXPで出てます。

自分、ビジュアル的な理由からいっつも久我NX頭に毛45腕を装備しているのだがね?
ユニオン戦とか室内戦多発戦場とかでは、流石にリロを考慮しなけりゃなるまいて。
さすがにさっさとネオ全弾打ち込まなきゃならん戦場でリロE+はねぇ? ワカル? ネェ・・・

で、結果。
12.JPG

モウ・・・カセゲナイノ・・・・カセゲナイノヨ・・・・ワカル? ネェ・・・・

なんたることか! 10戦くらいやった気がするが上位3位に入った回数が1回くらいだ!!
ユニオン戦闘が速度&ルーチンで出来ているのは理解しているつもりだが、おぉブッダ。
気晴らしに通常MAP行こ・・・・




10.JPG

これだよ!(迫真
posted by 神喰 佑 at 23:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。