2021年02月10日

M4 MWS

M4 MWSをレビューしてみることにする。

長かった開発期間を経てようやく完成したマルイZシステムを搭載したガスブロM4。
かつてはWAやタニオ・コバがガスブロ化してはいたが、実用性とは程遠いものだった・・・らしい。
長物ガスブロは日本の法規に適合させるのが厳しいので実射性能と動作を両立するのが難しいのであった。が、KSCがシステム7IIを搭載した実用的な長物ガスブロを出すに至り、マルイもようやく重い腰を上げた・・・というのが大筋の流れ。
その第一弾として発売されたのが、M4 MWSなのであった。

モデルとしてはSOPMOD以前のM4近代化過渡期のM4E2(Moduler Weapon System搭載のM4。廃盤)と思われる。
アウターバレルはM4標準の14.5in。フロントサイトは旧来通りのデルタポスト。リアサイトはレール脱着式の可倒式ピープサイト(キャリーハンドルタイプではない)。RASはハンドガードタイプ+トップレール。表面仕上は実銃にも使用実績のあるセラコート(ただしM4そのものはハードアノダイズド処理)。ストックはリトラクタブルタイプで、バッファーチューブが実銃と同寸法のため、ストックを外して他のものをつけることも可能。グリップはモーターがない分スマートで手が小さくても握りやすい。

作動面を見てみよう。
チャージングハンドルはボルトと連動してフルストロークで引ける。連動してダストカバーも開く。セレクターはコッキング時のみセーフに入る実銃と同じ仕様。セミ・フルは当然ライブ。動作はスイッチを兼ねた電動のものよりもかっちりしている。ボルトがホールドオープンした際に起き上がるボルトリリースレバーは手のひらでポンと叩くとストップが解除されてボルトが前進する。ボルトフォアードアシストノブは内部でちゃんとボルトと噛み合うようにできているらしく、むやみに押すと不具合のもとになる模様。ここはダミーでも良かったのでは??
トリガーはシアの落ちる手応えがつかみやすくスパッと落ちる。ディスコネクタの解除される手応えもはっきりしていてセミでの連射がしやすい。
マガジンはいつもの亜鉛ダイキャストで結構ずっしりしている。装弾数は35(実銃はショート20ロング30)。一部加工が甘い個体があるのかマグキャッチのかかりが浅くポロリするものがあったため削って対処した。

買ったモデルはいわゆるセカンドロットで、ファーストロットでは初速がアレな個体があったためかパワーがかなり抑えめになっている。その分動作は元気である(負圧式はロケットバルブの前後位置とばねのテンションで圧力差をコントロールしていて、作動性と初速はトレードオフの関係にある)。とはいえ長物の初速がハンドガン並みの70m/s程度というのも寂しいので、ガスルート周りの部品をカスタム品と入れ替えて初弾初速90m/s程度とした。
インナーバレルは10.5in用のが使われているようなのでロングバレル化してもいいかもしれない。発射時の金属感がすごいKSCとは対象的に落ち着いた作動音は好みが分かれそう。グルーピングは8mで5センチ円位にはまとまる。反動はしっかりガツンとくるためセミ・フルともに撃ってて楽しい。燃費は1.5〜2マガくらい。フルだと後半サイクルと初速が落ちていくがしっかり撃ち切れる。このへんは隔世の感がある。

総じてプレイバリューと性能のバランスの取れた良モデルという印象。初速については好みが分かれるが、ゲーム的には少々心もとないので要カスタムと考える。
初速の問題さえクリアされればレスポンスは圧倒的なのでセミオンリーのインドア戦なら電動ガンともいい勝負ができそう。
後に出たMk18mod1が強気過ぎる値段(7万強)だったため、結果こちらで良かったかな。気軽にゲームに持ち出してガンガン使える。
後発の89式も気になるが、果たして・・・?
posted by サトスn at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

オート9

唐突にKSCの超ロングセラーオート9がHWで再販してたのでつい買ってしまったのでテキストベースでレビューしてみよう。

まず、KSCの93Rは現在2系統の製品ラインナップがあって、オート9はいわゆる93R C「セカンドバージョン」がベースになっている。この系統はMGC時代からの旧システムのままの代わりに比較的安価となっている。が、KSCは何を思ったのか突然去年オート9のHW化を行ったのだった。ちなみに新バージョンは93RII(SYSTEM7)なる商品名となっている。

では改めて仕様を見てみよう。
オート9の外装部分はABS。グリップが異常に太いのはロボ仕様のため。この外装部分はフィールドストリッピングの際に取らないといけないのだが、本来フォアグリップの取り付いている穴にピンで止まっているだけなのでこいつを叩き出すとするりと抜ける。
外装部分を外してしまえばフロントサイトがなくグリップが太い93Rなので普通に通常分解まで持っていける。
スライドは前述の通りフロントサイトがない(外装部分に噛み合うようになっている)ほか、リアサイトもそれらしいものがついている。が、ねじを外すと中から本来のリアサイトがコンニチワする。
スライドとフレームはいつものKSCのHWでずっしりしていてひんやりした手触りが心地よい。HWでありがちな箱出し状態での動きの渋さも感じない。
バーストについては、ABSのオート9同様通常状態ではセミ・フルの2種類のみ(セレクターも中間位置で止まらないようになっている)。セフティはライブ。動作方式は実銃同様シングルアクションのみ。ハンマースパーも通常と同様。このへんは映画ではどうだったかな・・・?
あと、スライドにはベレッタの刻印が入っている。確かABS版にはなかったはず。今はあるのかな?
別売部品として3点バースト機構のパーツあって、当然ながら購入、組み込みを行った。
よくKSCの93Rのグリップは「外すな」と言われるが、理由がわかった。ばねの配置が絶妙で、多分開けた瞬間に弾けるので不用意に開けると部品が無くなるんだね・・・。なんにせよ機構を知るいい機会になった。飛びそうなばねに苦戦しつつ組み込み完了。
あと、グリップをあんまりきつく締めるとマガジンがうまく入らなくなるので微調整必須。セレクターのネジの増し締めも必須。
マガジンは旧タイプなので見た目は良い(新型との互換性はない)。ダイキャストではないので冷えに若干弱い。オート9仕様のマガジンは結構貴重なので気長に探すとしよう。

さて、一通り組み込みも終わったので撃ってみる。
旧システムのため新バージョンのようなキレの良いブローバックではないもののガツガツ動いてくれる。このへんは旧システムの素性の良さが伺える。バーストで例えると、新が「ダララン」だとすると旧は「ダンダンダン」って感じ。
8mのレンジで撃った限りでは、サイトが高すぎて弾着がずれる点を除けばグルーピングも悪くない。バレルが長いおかげか初速は75前後でまずまず。あと、HWの恩恵なのか反動がけっこうある。発射間隔が絶妙にあるおかげでバースト/フルのマズルジャンプが楽しい。フルで1マガジン打ち切ってもなんとか息切れせずに撃ち切れてくれる。真夏が楽しみ。

とまあ、つらつら書いてみたけども改めて新バージョンも欲しくなるな。こちらは再販して売り切れたばかりなので気長に待つとしよう。
マルイからM9系の最新バージョンが出たら買ってしまうかもしれない。サムライエッジからスピンオフしてくれないかな・・・。
posted by サトスn at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

最近の思ヒデ。


     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       Q:ノンケキューズ ミー!

       A:ノー アイム ホモ。

     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



センデン、殺すべし。

随分とブログ更新に間が空いたもんだ。ネタはあった筈なんだがね?
ほら、少し振り返ってみれば最近の豊かな思い出の数々が・・・・

東京に観艦式ィ・・・・
D61_2901.jpg
2.JPG
3.JPG

東京に出張ぅ・・・・
1.JPG
7.JPG

東京にLOVゥ・・・・
5.JPG
6.JPG



飯ばっかじゃねぇか。
というか、何度東京行きゃいいんだ我が人生。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



飯だらけの人生に呆然とすることしばし、銀さん&KIRさん方からゲロベルクMAPの
ユニオン戦のお誘いがあったので参戦してきましたハイ。
今回の使用アセンはがこちら。

11.JPG
※特殊装備がハイドラだがTXPで出てます。

自分、ビジュアル的な理由からいっつも久我NX頭に毛45腕を装備しているのだがね?
ユニオン戦とか室内戦多発戦場とかでは、流石にリロを考慮しなけりゃなるまいて。
さすがにさっさとネオ全弾打ち込まなきゃならん戦場でリロE+はねぇ? ワカル? ネェ・・・

で、結果。
12.JPG

モウ・・・カセゲナイノ・・・・カセゲナイノヨ・・・・ワカル? ネェ・・・・

なんたることか! 10戦くらいやった気がするが上位3位に入った回数が1回くらいだ!!
ユニオン戦闘が速度&ルーチンで出来ているのは理解しているつもりだが、おぉブッダ。
気晴らしに通常MAP行こ・・・・




10.JPG

これだよ!(迫真
posted by 神喰 佑 at 23:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

ブラスト・ダンシング・オン・ダリーヤ・ハカバ


   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      貴様の戦闘には欲望が足りん!
                  
        撃破支援+3
        撃破支援+3
        撃破支援+3 ・・・・・

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 なんかどこぞの光の無い町に南斗聖拳殉星の寝取り魔が出張っていたらしい。世も末だな。
しかもその目的は銀さんがよく行く中華屋のチャーハンと餃子らしい。世も末だな。



そんな訳でチャハーン&餃子&BBの為、だんちょ&おれIn浜松。変態達のエントリーだ!
だんちょカーによる速やかな移動は、ブッダが尻を搔いて見逃す程であった(1時間半程)。

・・・で、AGスクエアにて銀=サンと合流を果たした我々はBB台を占拠していざプレイ。
今回のMAPは、久々というか2度とこないと思ってたダリーヤ乾季。あのぐぅの音も出ない
ど畜生榴弾の豪雨がまた見れるとは思わなんだね? はよう榴弾まみれになろうや・・・

0.JPG
1.JPG
3.JPG
2.JPG
5.JPG
4.JPG

何故か一人だけあぶれるバグが発生しよるわ・・・・銀さんはどこだ? 偵察を頼む。

『 ウニダヨー ペッ 』

戦況に関しては、相変わらず川沿いに大量の芋が植えられており、砂砲・ミサイル・榴弾の
オンパレードがエンドレスワルツしている始末。開幕編成が蛇4 砂4当たり前の素敵戦闘が
楽しめました。600秒間掛けて只管にすり潰し合うという実に好みな展開ヤッター。
なお、まるゆの皮被った魔瑠油がブッダミスディレクションを用いた凸を敢行しまくった
模様。泥仕合は更にグチャドロに・・・・もうこれわかんねぇな。

一通り楽しんだ一行は目的の一つ、銀さんち近郊の中華屋へ。
「量多いぜよ」との事だったので警戒しながら大盛チャンハーとザーギョーを注文する。
だんちょは並チンャハーとギョージ10人、銀さんは大盛ハチャーンと焼きそばを注文した。
・・・・・銀さんの主食がどちらなのか、それが重要だ・・・・

6.JPG
7.JPG

登山かな?(小並感
なお、焼きそばは土石流の模様。

初めて食べるのに何故か懐かしさを憶えるチャーハンに、ニンニク利かしたギョーザの
コンボは良いものですな。おなかここちぃ・・・・五郎ちゃんのようにごろっとしたく
なりました。ちょうどお座敷だったのが拍車を掛ける。
なお、銀さんは濁流に飲まれたが、だんちょに救助去れた模様。炭水化物は相容れんのだ。

その後、ラウンドワンに場所を移して第二戦開始。

8.JPG
9.JPG
11.JPG
10.JPG

こんなに楽しい戦場は他に無い(断言
とにかく撃破して川渡ってプラ取れば、後は凸屋が如何様にでもしてくれるというのは
何時もの事だが、ここは殊更にそれが顕著だ。逆に押し込まれた場合、誰かが乾坤一擲の
カウンター凸を撃たねばネギトロにされる事請け合い。サツバツ。余は満足じゃ。


戦闘に満足した後、お薦めのチキンバケットを貪っておなかも満足させて帰路につく。

12.JPG
13.JPG

いやぁ、良い休日であった。



posted by 神喰 佑 at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする